FX 日経225 株 システムトレードの販売 テラス > 詳細ページ

シェイクドロップ(日経レバETF)

2012年10月に資金32万円で運用開始していたら、135万円に。
年間平均の利益は13万円でした。  算出方法はこちら

利益率グラフ
指標 システム
登録前
システム
登録後
全期間
平均年利 用語 34.0% 193.0% 41.0%
検証年月 用語 7年5ヶ月 0年4ヶ月 7年9ヶ月
勝率(月単位) 用語 62.0% 50.0% 62.0%
売買数 用語 944回 55回 999回
プロフィットファクター 用語 1.36 2.04 1.41
最大ドローダウン額 用語 12万円 5万円 12万円
トレード平均期間 用語 0.0日 0.0日 0.0日
勝率(トレード別単位) 用語 53.0% 58.0% 54.0%
ペイオフレシオ 用語 1.17 1.46 1.20
期待値 用語 862円 / 0.3% 3776円 / 1.2% 1026円 / 0.3%

システム説明

【重要】トレードステーション日本株のサービス終了について
2020年8月7日(金)を最終取引日として「トレードステーション日本株」のサービスが終了となりました。詳しくはマネックス証券の下記サイトをご確認ください。
https://info.monex.co.jp/ts-info/news/20200507.html
---------------------------------------------------

マネックス証券「トレードステーション(TradeStation)」専用デイトレード・ストラテジー

■ストラテジーの特徴
今までのシステムトレードにありがちなテクニカル指標を利用した最適化によるロジック構築ではありません。

例えば、移動平均線乖離率を利用したストラテジーでは、過去の相場において、移動平均線乖離率が何%乖離していれば有効に機能したかをバックテストによって求め、ロジックを決定します。このような開発行程は未来の先読みをしていることであって、過去の期間に有効だった条件を探しているにすぎません。その為、将来における再現性が乏しい結果となります。

対して、このストラテジーでは、時間経過による機械的な学習を行い、日々投資のロジックが変更となる可能性があります。複数のテクニカル指標を難解に組み合わせたストラテジーなどとは一線を画すタイプです。

■投資対象:1570 日経平均レバレッジETF
その他の銘柄に変更してバックテストしたり、自動売買することも可能
1570日経平均レバETFは1株から投資することが可能なETFで株価によりますが1万円~3万円程度で投資することができます。東証の中でもトップクラスの出来高がある人気銘柄です。

■同梱物:TradeStation用シェイクドロップワークスペースファイル/シェイクドロップストラテジーファイル/マニュアル
※ストラテジーをセット(挿入)するだけで直ぐに利用できるワークスペースファイルも付いています。
※ストラテジーはロジック非公開です。ソースコード/プログラムを見ることはできません。

■ストラテジーついて
・ストラテジーは5分足チャートでトレードを行います。
・エントリーは基本的には9:05(最初の足が完成したタイミング)で決済は15:00です。
・デイトレードですのでエントリーした日に決済を行います。オーバーナイトしません。
・利食い/損切りは初期設定では行っていません。パラメータでご自身で設定することが可能です。
・投資対象以外のデータを利用します。1つや2つではなく22もの指標を利用します。ワークスペース見るだけでどのような指標を利用しているかが分かります。
・ロジック内で独自の機械的な学習をして、日々変化する可能性のある独自指標を計算しています。その独自指標を計算する期間を自由に変更することができます。※独自指標の内容についても公開していません。
・上記テラスサイト上の利益グラフ等の成績は「1570日経平均レバレッジETF(最小単元は1株)」を20万円の設定資金をレバレッジ2.5倍とし、50万円分(信用取引)投資するとしています。ページ上部の「資金」は資金20万円+最大ドローダウン額となっています。TradeStation上での取引数量の設定で[JPY/取引]500,000円、「JPY/取引」最小株数1株数としています。

■ご自身で変更可能なパラメータ
TakeProfit:利食いライン
StopLoss:損切りライン
period:内部ロジックで計算する独自指標の期間
※独自指標の内容についても公開していません。


トレードシステムを手に入れる


このトレードシステム(ロジック非公開型)を 69,800円(税込)で手に入れることができます。


申し込みはこちら

VISA,MASTER,JCB,American Express,銀行振り込み


よくある質問

1570日経平均レバレッジETF以外の銘柄にも変更をしてトレードすることはできますか?
はい、できます。
日経平均と連動するタイプの銘柄であればある程度同様のパフォーマンスが期待できると思います。
損切りは行いますか?
損切り(StopLoss)の設定をご自身で設定することができます。
ただデフォルト(初期設定)では設定されていません。ただ、このストラテジーはデイトレードであり、仕掛けたその日中に決済を行い、夜をまたぐ(オーバーナイト)はしません。そのため、損失を抱えたまま、長期間保有することはありません。
複数ポジション投資を行いますか?
行いません。
取引数量で定めた枚数もしくは投資金額を仕掛け、追加投資することなく決済をします。
少ない資金で投資をはじめられますか?
1株トレードができる1570日経平均レバレッジETFを投資対象としています。
株価によりますが1株1万~2万円程度で購入できますので10万円以下の資金でも投資を始めることができます。
このシステムトレードを利用できる証券会社はどこですか?
TradeStationでのみ利用可能ですのでマネックス証券で取引が可能です。
何分足のチャートを利用しますか?
投資対象となる1570日経平均レバレッジETFは、5分足チャートを利用します。
購入後のサポートはありますか?
メールによるユーザー・サポートを行っておりますので、ご安心ください。
1銘柄あたりの投資額はいくらぐらいですか?
自動売買をする際にはご自身で1株から設定することができます。
「1570日経平均レバレッジETF(最小単元は1株)」の1株は数万円程度です。

上記テラスサイト上の利益グラフ等の成績は「1570日経平均レバレッジETF(最小単元は1株)」を20万円の設定資金をレバレッジ2.5倍とし、50万円分(信用取引)投資するとしています。ページ上部の「資金」は資金20万円+最大ドローダウン額となっています。TradeStation上での取引数量の設定で[JPY/取引]500,000円、「JPY/取引」最小株数1株数としています。
この戦略を利用するのに必要なものはなんですか?
本戦略を利用するにはマネックス証券が提供している「TradeStation」が必要となります。
信用売りも行う投資法ですか?
はい。
1570日経平均レバレッジETFを対象に買いに加え、信用売りも行います。
総利益率 用語 :319.0%
平均年利 用語 :41.0%
検証年月 用語 :7年9ヶ月
勝率(月単位) 用語 :62.0%
投資対象 : 日経225/ETF
トレード平均期間 :デイトレード
クチコミランク :☆☆☆☆☆(0.0)
投資スタイル :買い売り両方
システム登録日 :2020/03/13
検証に利用したソフト トレードステーション

発行者 TMY

プロフィール

金融システム企業の開発担当者。投資歴およびシステムによるトレード歴は10年以上。投資関連のAIシステムの特許出願技術の開発経験あり。

コラム 経済レポート FX自動売買