FX 日経225 株 システムトレードの販売 テラス > 詳細ページ

【デイトレ】昇龍ロング&ショート

2014年1月に資金444万円で運用開始していたら、5214万円に。
年間平均の利益は615万円でした。  算出方法はこちら

利益率グラフ
指標 システム
登録前
システム
登録後
全期間
平均年利 用語 142.1% 86.7% 138.5%
検証年月 用語 7年3ヶ月 0年6ヶ月 7年9ヶ月
勝率(月単位) 用語 92.0% 66.7% 90.3%
売買数 用語 6687回 361回 7048回
プロフィットファクター 用語 1.75 1.73 1.75
最大ドローダウン額 用語 144万円 72万円 144万円
トレード平均期間 用語 0.0日 0.0日 0.0日
勝率(トレード別単位) 用語 60.1% 57.1% 59.9%
ペイオフレシオ 用語 1.16 1.31 1.17
期待値 用語 6845円 / 0.2% 5335円 / 0.1% 6766円 / 0.2%

システム説明

システムトレードのテラスをご利用ありがとうございます。
人気のデイトレ手法を知りたい方へのご紹介となります。

ストラテジー名称:【デイトレ】昇龍ロング&ショート

【デイトレ】昇龍ロング&ショートは、【デイトレ買】昇龍ロングと
【デイトレ売】昇龍ショートを組み合わせたマルチストラテジとなっております。
タイプの異なる買いと売りの条件を組み合わせたことでドローダウンを抑制する条件が
出来たと考えています。
複数のルールを持つことで、変化する相場に備えたルールを体感頂ければと思います。


【1】開発コンセプト
 大きな利益を狙わず、ドローダウンを抑えることを重視して
 小さいな利益をコツコツと積み上げていくスタイルです。

【2】昇龍ロング&ショートの特徴
 ・デイトレの仕掛け/手仕舞いタイミングは、指値注文の約定後、同日の引け手仕舞いを採用
 ・空売り条件を採用し、対象銘柄は、貸借銘柄を指定
 ・一日当たりの仕掛け銘柄は分散(約定率: 35%程度)
 ・フィルター条件未使用

【3】昇龍ロング&ショートの説明
 ・売りと買いが混ざり合うことで損益が平均化されドローダウンを軽減する働きを持ちます。
 ・テクニカル指標とシンプルな条件を組み合わせたストラテジに仕上げています。
  シンプルな構成に仕上げることで、マーケットインパクトを受けにくい状態であると考えています。
  また、購入者様が独自でカスタマイズが行い易い構造となっています。
 ・逆指値注文は使っていませんので、スリッページの心配は、ありません。

【4】このような方にお勧め
 ・売りと買い条件を同時運用し、より安定的な利回りを目指したい方。
 ・ザラ場中に注文を行うことが出来ない方。
 ・大きなリスクを避け、出来るだけ安定した利益を希望する方。
 ・デイトレ手法をすでに運用中のストラテジと組み合わせたい方。
 ・デイトレストラテジ開発を進めているが、期待通りの構成が見つかっていない方。
 ・デイトレ手法から自作ストラテジのヒントを得たい方。
 ・真面目にシステムトレードに取り組みたいと考えている方。


【5】注意点
 ・手数料について
  バックテスト上では、0円としています。
  松井証券の一日信用取引を使うと手数料を0円することが可能です。
  約定後、後場に入ってから引けまでの間で不成注文の実行を行ってください。

  前日に注文を完結したい場合は、「後場の引成行注文」が可能な証券会社をご使用ください。
  (auカブコム証券、楽天証券など)

【おまけ】
システムトレードを長く安定して続けるためにはマーケットインパクトやトレーダーズ効果などの
対策が非常に重要なポイントになると考えています。
そこで、【デイトレ売】昇龍ショートの標準構成からカスタイズを行う3つのテクニックを
今回同梱いたします(3万円相当)。

具体的な条件を紹介していますので、日々のシグナル銘柄が異なることを確認出来ます。
独自のストラテジへ進化させるためにお役立てください。


購入後のマニュアルもお付けさせて頂いています。
お問い合わせは真摯に対応をさせて頂きます。
よろしくお願いします。


【ご連絡】
販売価格は予告なく変動する可能性があります。




【サマリー結果】
 勝率: 61.20 %
 勝ち数: 3,782 回
 負け数: 2,398 回
 引き分け数: 136 回
 約定率: 34.46 %

 平均損益(円): 5,625 円  平均損益(率): 0.85 %
 平均利益(円): 22,594 円  平均利益(率): 3.67 %
 平均損失(円): -20,820 円  平均損失(率): -3.54 %

 合計損益(円): 35,525,024 円  合計損益(率): 5,376.67 %
 合計利益(円): 85,450,958 円  合計利益(率): 13,873.22 %
 合計損失(円): -49,925,934 円  合計損失(率): -8,496.56 %

 最大連勝回数: 18 回
 最大連敗回数: 11 回
 最大ドローダウン(簿価ベース): 1,447,400 円(2016/07/25)
 最大ドローダウン(時価ベース): 1,446,900 円(2016/07/22)
 PF: 1.712
 平均保持日数(イグジット済み銘柄のみ): 0.04 日


【ご連絡】
販売価格は予告なく変動する可能性があります。


トレードシステムを手に入れる


このトレードシステム(ロジック公開型)を 69,800円(税込)で手に入れることができます。


申し込みはこちら

VISA,MASTER,JCB,American Express,銀行振り込み


よくある質問

この戦略を利用するのに必要なものはなんですか?
本戦略を利用するには「システムトレードの達人」が必要となります。
詳しくは本ページ右上にある検証に利用したソフト「システムトレードの達人」をご参照ください。
デイトレは、ザラ場の株価(板など)をチェックする必要はありますか
日中、株価をチェックする必要はありません。前日の注文で完結できます。
一部の証券会社では、約定後、当日引けまでの間で後場引成注文を行う必要があります。
購入後のサポートはありますか?
メールによるユーザー・サポートを行っておりますので、ご安心ください。
1銘柄あたりの投資額はいくらぐらいですか?
最大100万円以内になるように株数を決めて注文を行います。指値注文を行いますので超えることはありません。
信用売りも行う投資法ですか?
はい。買いに加え、信用売りも行っています。
株価が低い銘柄や出来高の少ない銘柄に投資しますか?
株価が100円未満の銘柄や平均売買高が1億円未満の銘柄は、仕掛け銘柄の対象外にしています。
総利益率 用語 :1073.5%
平均年利 用語 :138.5%
検証年月 用語 :7年9ヶ月
勝率(月単位) 用語 :90.3%
投資対象 : 株式
トレード平均期間 :デイトレード
クチコミランク :☆☆☆☆☆(0.0)
投資スタイル :買い売り両方
システム登録日 :2021/04/04
検証に利用したソフト システムトレードの達人

発行者 ライス

この発行者の他のトレードシステム

プロフィール

株式投資は、2002頃から始めました。
当時の投資手法は、バリュー投資やグロース投資をメインに行っていましたが、安定感が無く、リーマンショックなどでは大きな損害を受けた経験から2010年頃から徐々にシステムトレードへ転身。
今ではシステムトレードで成果を出せるようにまで成長することが出来ました。

システムトレードによる運用のメリットは、欲望と感情をコントロールが行えることだと思っています。
特に損切を予定通りに実行できるようになることは、どの投資家にも進めることが出来るトレード手法だと思います。

ストラテジを作成する魅力は、法則を見つけ出す難しさがあるがゆえに見つかった時の喜びを得られることです。
共にシステムトレードの魅力を謳歌出来ると幸いです。