FX 日経225 株 システムトレードの販売 テラス > 詳細ページ

マイティ・ベアーズ

1998年4月に資金439万円で運用開始していたら、3171万円に。
年間平均の利益は132万円でした。  算出方法はこちら

利益率グラフ
日経平均株価  USDJPY  GBPJPY 
You need to upgrade your Flash Player
指標 システム
登録前
システム
登録後
全期間
平均年利 用語 34.0% 10.0% 30.0%
検証年月 用語 16年8ヶ月 4年0ヶ月 20年8ヶ月
勝率(月単位) 用語 73.0% 66.0% 72.0%
売買数 用語 883回 161回 1044回
プロフィットファクター 用語 3.64 2.45 3.50
最大ドローダウン額 用語 136万円 48万円 136万円
トレード平均期間 用語 6.0日 7.1日 6.2日
勝率(トレード別単位) 用語 83.0% 77.0% 82.0%
ペイオフレシオ 用語 0.73 0.73 0.75
期待値 用語 28183円 / 0.6% 10911円 / 0.2% 26081円 / 0.6%

システム説明

ドローダウンが小さく、チャンスで大きく利益を伸ばす理想のシステム。
ロジック公開型なので、株式のみならずFX、225先物などあらゆる投資戦略の参考に。
いかにしてドローダウンの小さいストラテジーが構築されているか、是非ご参考に!!

■全相場対応型。完全分散投資(リスクヘッジ面、資金管理面)を行えるシステム。
•姉妹品のマイティ・ブルズとポートフォリオを構成
•ポートフォリオ成績(12年9ヶ月)は、年利(手数料、税引き後)302%→原資が1年で4倍に増加
•マイティ・ベアーズをご購入いただくと、マイティ・ブルズのストラテジーも無料でお付けします。
 つまり、マイティ・ベアーズのご購入のみで全相場対応型の完全ポートフォリオを手に入れることができます。

【ストラテジー構成】
   oマイティ・ブルズ
      -上昇株の中で、順張り(買い)する銘柄及び逆張り(空売り)する銘柄を抽出するシステム。
      -主に上昇相場(ブル・マーケット)で力を発揮します。
   oマイティ・ベアーズ
      -下落株の中で、順張り(空売り)する銘柄及び逆張り(買い)する銘柄を抽出するシステム。
      -主に下落相場(ベア・マーケット)で力を発揮します。

•順張り派か?逆張り派か?ロングか?ショートか?ではなく、すべてを効果的に融合させたポートフォリオが必須。
•構成システム郡の資産曲線が完全に相互補完し、複利効果を高め、利益を最大化。それが、理想的ポートフォリオ。
•本システムでは、完成されたポートフォリオをそのまま、リスクを明確化した資金管理と共に提供いたします。
•全取引日の94.7%の日はブルズ/ベアーズいづれかの建玉を持っています。
 つまり、「毎日シグナル抽出の作業をしているが一向にシグナルが出ず」などという可能性は極めて低い。

【成績(12年9ヶ月)】
                  ブルズ   ベアーズ  ポートフォリオ
最大レバレッジ         2倍      2倍      3倍
平均年利(単利)       71.2%   83.8%  154.9%
平均年利(複利)      133.9%  138.7%  383.6%
最大ドローダウン       22.8%   14.3%   28.5%

•理想的ポートフォリオだからこそ可能な利益の最大化。複利効果の最大化。
   o個別システムでは最大レバレッジ2倍ですが、両システムの投資時期が大きく重ならないため、ポートフォリオでは
    最大レバレッジ3倍で(4倍でなくとも)片システム分の資金で両システムの指示するほぼ全銘柄に投資可能。
   oゆえに、ポートフォリオ年利は、単利運用では両システムの単純足し算、複利運用では複利効果が高まるために
    足し算以上に大きな年利を得やすい。
   oつまり、信用取引の利点を最大限に活かすことのできるシステムです。
•個別システムの平均年利(複利)及び最大ドローダウンは(株)テラス様の検証結果「年次集計」(以下)より年利平均を算出。
 他は(株)テラス様の検証結果「トレード履歴」「資産推移」をもとに解析。

【年次成績(年利)】
•バックテスト結果
   o全相場対応型のポートフォリオ。相場状況に応じて、2つのシステムが見事にヘッジしあっております。

       マイティ・ブルズ  ベアーズ   ポートフォリオ  相場状況
1997年     32.1%   322.2%   456.4%  下落相場
1998年     61.1%    90.8%   207.1%  下落相場
1999年    776.3%    59.9%  1304.8%  上昇相場 ITバブル
2000年     75.1%   352.0%   697.5%  上昇→下落 ITバブル崩壊
2001年     13.8%    97.6%   125.6%  下落相場
2002年    145.0%    69.5%   314.2%  上昇→下落
2003年     90.4%    34.3%   155.7%  下落→上昇
2004年     93.1%    87.1%   261.1%  横ばい
2005年    229.9%    27.0%   319.9%  上昇相場
2006年     20.6%   315.2%   396.1%  下落→上昇
2007年    107.7%   104.5%   320.6%  上昇→下落
2008年     27.9%   185.6%   268.0%  大暴落 リーマンショック
2009年(9月末時点)34.3% 22.0%    64.0%  下落→上昇

年平均      133.9%   138.7%   383.6% 

(*マイティ・ブルズ→上昇相場が得意、マイティ・ベアーズ→下落相場が得意)

【マニュアル】

•マニュアルでは、精神的ストレスなく、平均年利(手取り)302%を生み出す秘訣をとことん解説。
•ロジック(売買ルール)そのものは公開しておりませんが、利益を最大化・ドローダウンを最小化し、
 精神的にストレスを感じずに資産を増やすために必要な考え方がわかります。
•システム作り・商材選びに失敗しないための知識も得られます。
•全15ページ(表紙など含む)ですが、システムトレードの教科書としての価値があると自負しております。
•実用性・実現性を極限まで高めたその高い完成度をぜひお確かめください。

大変簡潔に記された内容ですが、ポイントがぎっしりと詰められています。

以下、マニュアルに記載されている項目を紹介します。

•基本ポリシー
   oトータルソリューション
      -総合的に考慮されたシステムとは
      -購入者を第一に考えた販売姿勢について
   o長く使える
      -ストラテジー性能と販売姿勢
   o理想的ポートフォリオとは
      -正しい(本物の)ポートフォリオ構成の考え方
   o安定・着実に資産を増やす
      -手取り(手数料・税引き後)年利目標、取引頻度
   oストレスフリー(精神的余裕) 
      -心理的コントロールを考える上で重要なファクター
          ・トレーダーが嵌りがちな落とし穴(見かけ好成績商材なのに、なぜ長続きしない?)
      -システムの優劣を表す最高の指数とは
          ・小難しいファクターがいっぱいあるけど、つまるところ重要な指数はこれ。
   oシステム信頼性
      -信頼できるシステムとは
          ・商材選び、ストラテジー選び、投資対象選びで考慮すべきこと
•特徴
   o精神的ストレスなく、平均年利(手取り)302%を生み出す秘訣をとことん解説。
•利益率曲線
   oポートフォリオとしての資産曲線データを解説。安定、大崩れなし、滑らかな右上がり!!
   oぜひ両システムをマイリストに登録してポートフォリオの利益率曲線をご覧ください。
    上記【年次成績(年利)】と合わせて見ていただくと、理想的にヘッジしあう様子がご確認いただけます。
•年次成績
   o複利のみならず、単利も含めた、年利及びドローダウン(確定ベース&評価残高ベース)の詳細年次成績です。
•資金管理及び運用ルール
   oリスク許容度・目標年利に対応した資金管理プラン。
   o百年に一度の津波も怖くない。最悪の事態を常に想定。マニュアル化。
•書籍紹介
   o投資家として成功するために絶対に必要な心得。システムトレーダー必読書。
•成績定義
   oテラス上で掲載される成績と、実運用に反映される成績の算出法の違いを詳細に解説。
      -テラス掲載の「検証くん」成績を吟味するときには大変注意が必要です。その特殊性を解説。

どうぞ、じっくりとご検討ください。

ユニバーサルトレンド

本システムは検証くん(コンボ及びPRO)による検証で作成されたもので、
上記「システム説明」に記載の成績はすべて検証くんでの検証によるものです。
ご購入者様にご提供する書類もすべて検証くん前提のものとなりますが、
ストラテジーファイルはシストレ魂用、検証くん(コンボ及びPRO)用の
両方をご提供しており、ロジックは公開しております。
テラスによる公開フォワードテストはシストレ魂を用いた結果です。


トレードシステムを手に入れる


このトレードシステム(ロジック公開型)を 29,800円(税込)で手に入れることができます。


申し込みはこちら

VISA,MASTER,JCB,American Express,銀行振り込み


よくある質問

平均売買代金の小さい銘柄などにも投資しますか?
いいえ、平均売買代金(10日)が50,000,000円を超える銘柄のみに投資します。
1銘柄あたりの投資額はいくらぐらいですか?
資金の5分の1が1銘柄あたりの投資額設定となります。
レバレッジ2倍でポートフォリオを構成しますので、最大で同時に10銘柄程度投資します。
テラス検証の成績は初期投資額を300万円に設定しています。
このシステムトレードを利用するのに必要なものはなんですか?
自動銘柄抽出を行うには「シストレ魂」が必要となります。
信用売りも行う投資法ですか?
はい。買いに加え、信用売りも行い、上げ相場下げ相場どちらでも投資機会が得られます。
メール対応はいただけますか?
購入前、購入後ともにメールにはご返信いたします。

このトレードシステムをマイリストに追加

総利益率 用語 :622.0%
平均年利 用語 :30.0%
検証年月 用語 :20年8ヶ月
勝率(月単位) 用語 :72.0%
投資対象 : 株式
トレード平均期間 :一週間未満
クチコミランク :☆☆☆☆☆(0.0)
投資スタイル :買い売り両方
システム登録日 :2014/07/29
検証に利用したソフト シストレ魂

この発行者をマイリストに追加

発行者 ユニバーサルトレンド

この発行者の他のトレードシステム

プロフィール

私は元々は堅いファンダメンタル派。投資は現物株の長期投資が王道。しかし!!
テクニカルには感心しないながらも、相場心理の存在によるその有効性は結局否定しきれず。葛藤の末、短期戦略としてテクニカル分析を始めました。

「我々が取引しているのは、人間の心理だ。」某著名投資家の名言のもと、それぞれのテクニカル局面で市場参加者が取るであろう投資行動を徹底的に考察、あらゆる投資商品に共通する普遍的な値動きのモデリングを構築。実トレードでの多くのアジャストを経て、「短期投資においては心理的行動が色濃く反映されており、ファンダメンタルを排除しても安定に利益を上げられる。」との結論に達しました。

テクニカルが研究されつくせば市場は効率化され、システムトレードは機能不全となるはず。しかし、人間の本能的心理(短期的投資行動)はおそらく普遍、そして不変。確かに心理的行動を大切にしたストラテジーは、時期を選ばず、投資対象を選ばず、安定に機能しています。人間の心理を反映したストラテジーは、そう簡単には機能不全にならないようです。

普遍的なストラテジーを提供します。

ご提供する商品では、テクニカル戦略面のみならず、資金管理面、心理面など、投資に成功するためのすべての要素について熟慮されており、実用性・実現性を極限まで高めております
良いものはひとつ。バラエティ豊かな個別ストラテジーではなく、完成されたポートフォリオをそのまま提供するのがユニバーサルトレンドの方針です。

その高い完成度をぜひご確認ください。

コラム 経済レポート FX自動売買