FX 日経225 株 システムトレードの販売 テラス > 詳細ページ

ダブル・プロフィットシステム

2017年9月に資金5万円で運用開始していたら、9万円に。
年間平均の利益は2万円でした。  算出方法はこちら

利益率グラフ
指標 システム
登録前
システム
登録後
全期間
平均年利 用語 47.0% 5.0% 42.0%
検証年月 用語 2年0ヶ月 0年3ヶ月 2年3ヶ月
勝率(月単位) 用語 58.0% 66.0% 59.0%
売買数 用語 575回 75回 650回
プロフィットファクター 用語 1.29 1.04 1.26
最大ドローダウン額 用語 - - 1万円
トレード平均期間 用語 0.1日 0.1日 0.1日
勝率(トレード別単位) 用語 57.0% 58.0% 57.0%
ペイオフレシオ 用語 0.96 0.73 0.94
期待値 用語 78円 / 0.2% 8円 / 0.0% 70円 / 0.1%
テラスによる検証の詳細
通貨ペア USDJPY スプレッド 約1.5 pips
時間足 1分足 レバレッジ 25倍
基本ロット 一万通貨 最大ポジション数 1
※利益グラフの上に表記している資金(万円)は、「最大ポジション保有時に必要な証拠金」+「過去に発生した最大ドローダウン額」を余裕資金として足したものです。
※本システムを含むメタトレーダー4の最大ドローダウン額は「決済」ベースではなく、より実運用に近い「含み損」ベースでの算出です。

システム説明

【システムトレード「EA」開発専門企業 WTS株式会社 制作】

◇◆◇◆◇◆20本限定 販売記念価格「29,800円」◇◆◇◆◇◆
現在、「ダブル・プロフィットシステム」は販売記念価格として20本限定で「29,800円」で販売中です。20本販売後は値段が大幅にアップします。
お早めにお買い求めください!


■■概要(OVER VIEW)■■
「ダブル・プロフィットシステム」は2つのEA分のロジックを1つにまとめあげて作成したEAです。
そのためエントリーが非常に高頻度で、毎日ほぼ確実に取引を行います。

2つ分のEAロジックが入っていますが、値段は2倍ではなく1つ分の値段設定なので、その点でもお得なEAとなっています。


特徴①【損小利大のロジック】
実は多くのEAは平均敗けトレードの金額の方が大きくなっており、勝率高く小額稼いで、低い確率で大きく敗けるというトレードスタイルとなっています。このスタイル自体は問題ないのですが、問題は大きく敗けるときです。これまでの利益を消し飛ばして余りある金額の損失を出すこともありますし、運用ロットをアップした瞬間に大規模損失に出会うこともあります。
EAを運用していて、「いつ大きく敗けるんだろう」とヤキモキしてしまうことが多い人もいるのではないでしょうか。

「ダブル・プロフィットシステム」は、平均勝ちトレード金額が平均敗けトレード金額よりも大きくなり、また最大勝ちトレード金額が最大敗けトレード金額よりも大きくなる損小利大のトレードスタイル。
つまり日々の取引で、損失が利益を上回る金額になることが非常に少ない設計になっています。

損小利大のEAは普通は勝率が50%を切るものが多いですが、「ダブル・プロフィットシステム」は本来クリアが難しい50%のラインを大きくクリアして、「約60%」という高勝率をバックテスト結果で出しています。そのため損失よりも大きな利益を高い確率で稼ぐことが期待できます。
その勝率を背景に、含み損を一切抱えることなく日々の取引を進めていくため、突然の大規模損失に見舞われるリスクが極端に少なく、長期的に運用するのに非常に適した設計となっています。


特徴②【素早く損切りをする】
「ダブル・プロフィットシステム」は他のEAと比べて含み損を抱えません。

多くのEAは含み損が出た場合それ抱えて「戻る」の待ちます。
その当然の帰結として、戻らなかったときに大きな損失を出してしまうことがよく起こります。
大きな含み損を抱えた時や、大きな損失を出したときの精神的ダメージというのはかなり大きなもので、これがEAの運用をやめてしまう大きな原因となっています。

「ダブル・プロフィットシステム」は含み損を抱えて耐えるということを一切せずに、予定外の方向に進めば早々に損切します。
本来「あてが外れたら撤退する」というのがトレードの本筋ですので、これは非常に重要なことと言えます。

これが大損失を出しにくい大きな根拠です。

これによって精神的な負担を感じることなく長期間使用することができる。
これはとても大事な要素になります。


特徴③【リーマンショックも難なくクリア】
近年では最大規模の金融危機であるリーマンショックも問題なくクリア。普段通りの取引をしています。


特徴④【安心安全のワンポジション型】
複数のポジションを持つEAの場合、ポジションをいくつ持つかの予測がつきにくいため、自分が投資したい金額にロットコントロールすることが非常に難しくなります。
また、多くのポジションを持った状態で相場が逆方向に進んで大量の含み損を抱えてしまうという恐れがあり、大きなストレスを感じてしまうこともよくあります。

「ダブル・プロフィットシステム」は複数ポジションを持たない「ワンポジション型」のEAのため、投資金額のコントロールがやりやすく、また大量の含み損を抱えてのストレスフルな時間を持つことがありません。


特徴⑤【たくさんのエントリー回数】
週に1回や月に2・3回といったエントリー頻度が少ないEAの場合、投資家としてはやはり物足りなさを感じてしまう方もいると思います。
「ダブル・プロフィットシステム」は月曜日から金曜日まで、毎日90%くらいの確率でエントリー。高い勝率、高い利益率をもとに高頻度でポジションを持ちますので、多くの利益を生み出すことが可能となっています。


特徴⑥【テストと近い結果が出やすい】
フォワードテストやバックテストなどのテスト結果と実際に運用した時の差異が小さいのも、「ダブル・プロフィットシステム」の特徴です。
証券会社や使用環境によってどうしても出てしまう差異はありますが、テスト結果との一致率の高さは一般的なEAと比べると折り紙付きです。


特徴⑦【初心者でも安心な簡単設定】
パラメーターの設定項目はたったの5つ。「コメント」「マジックナンバー」「複利・単利選択」「単利ロット」「スプレッドリミット」のみ。ロット調整とスプレッドの設定だけすれば、基本的には何もする必要はありません。




■■エントリーロジック■■
「ダブル・プロフィットシステム」は最も利益を上げやすいと言われている「朝スキャ」を行うEAです。
朝スキャの伝統的なトレードロジックはいくもありますが、それらを検証して有効性があるもののみを採用しています。

多くのEAにあるような、TPを狭く・SLを広くという、利益確定と損失確定に異なるロジックを使っているわけではありません。利益確定も損失確定も同じ条件のロジックを採用しています。
つまり、本来「勝ち50%」「負け50%」「勝ち額平均・負け額平均同額」となるような公平な条件を設定しているということです。
それを、検証済みの優位性の高いロジックを適応することによって勝率を「約60%」という高い数値に保ち、さらに一回当たりの取引の「勝ち額平均」を「負け額平均」よりも大きくすることに成功しています。




■■SAFETY■■
破産に向かいやすい「ナンピン」や「マーチンゲール」といった手法は使用しておりません。

安全のため同時に1ポジションしか持ちません。その仕様で利益が最大化するように調整しています。

安全のため、週をまたいでポジションを持ちこすことはしません。そのため、土日の急変で月曜朝に大規模な損失に見舞われるということは絶対にありません。




■■フォワードテストとの乖離の最小化■■
「ダブル・プロフィットシステム」は内部ロジックを工夫することにより実運用、フォワードテスト、バックテストの乖離をできるだけ少なくなるように設計しています。つまりテスト通りの結果が実運用で出やすくなっているということです。

ただし、MT4を動かす環境(VPSや通信環境、PCのスペック)や証券会社毎の配信ティック数、配信価格によって、フォワード、バックテストと乖離する事があります。
使用環境の差異につき、EAがコントロールできるものではなく、解決はなかなか難しいのですが、乖離を最小化する為に複数の証券会社で同じEAを分散運用する方が多くいます。




■■SETTING■■
USDJPY M1(他の通貨ペア、時間足では稼働しません)

証券会社:一般的なプログラムソースで作成しているため、
証券会社の縛りはありません。




■■パラメーター設定項目■■
設定項目はたったの5つだけ。難しい設定はありません。

『マジックナンバー』
158(初期値) 設定で変更できます。他のEAと異なる値を入れて下さい。

『Mode』
「Fixedモード」 指定されたロット固定モード
「MMモード」 複利運用モード。最適なロットコントロールを行います。証拠金残高の約80%をエントリー
※「MM」は高い利益を生み出しますが、このモードを使用するときは1口座1EAで運用してください。
他のEAと同一口座で運用すると競合することがあります。
※「MMモード」はドル建て口座での使用はできませんので、円建ての口座でご利用ください。

『FixedLot』
Fixedモードでの運用ロットを入力できます。

『MaxSpread』
初期値40 単位は「ポイント」です。ほとんどの証券会社で「10ポイント」が「1Pips」「0.01円」です。ご利用の証券会社のスプレッドプラス5が目安です。

『COMMENT』
出力するコメントの編集が可能です。



※このEAは将来の利益を保証するものではありません。
プログラムの痂疲や表現の誤りその他すべてに起因する損失に対する補償は一切ございま
せん。


トレードシステム・EAを手に入れる


このトレードシステム・EA(ロジック非公開型)を 29,800円(税込)で手に入れることができます。


申し込みはこちら

VISA,MASTER,JCB,American Express,銀行振り込み


よくある質問

何分足のチャートを利用しますか?
1分足です。
システムトレードする通貨ペアを教えてください。
アメリカドル/日本円(USDJPY)
このシステムトレードを利用できるFX業者はどこですか?
特殊な設定はおこなっておらず、証券会社の縛りはありません。

動作は4つの証券会社「OANDA JAPAN」「外為ファイネスト」「EZインベストメント」「ForexExchange」で確認しましたが、全て動作しました。

本EAは現在たくさんの方に使っていただいていますが、特定の証券会社で動かなかったという報告は受けておりませんので、おそらく一般的な証券会社は全て動作すると思われます。
円口座でも自動売買できますか?
はい。円口座でも自動売買できます。
後のサポートはありますか?
マニュアルにて各種設定などの解説をしております。
また、ご質問いただきましたらサポートを行っております。
少ない資金で投資をはじめられますか?
推奨証拠金:「Fixedモード」の場合
 ロット1:100万円 
 ロット0.1:10万円
 ロット0.01:1万円
※上記の数値は余裕を持った金額です。
複数枚の投資を行いますか?
いいえ。複数枚の投資は行いません。
損切りは行いますか?
買いエントリーは80pipsで、売りエントリーは49pipsで損切を行います。
複数のFX会社で稼働させたり、同時にいくつも運用したいのですが、稼働制限はありますか?
1つの購入につき、一つの口座で利用可能です。複数の口座で同時に運用させる場合、その口座数に応じた個数分を購入いただくことで可能になります。

このトレードシステムをマイリストに追加

総利益率 用語 :96.0%
平均年利 用語 :42.0%
検証年月 用語 :2年3ヶ月
勝率(月単位) 用語 :59.0%
投資対象 : FX
トレード平均期間 :デイトレード
クチコミランク :☆☆☆☆☆(0.0)
投資スタイル :買い売り両方
システム登録日 :2019/09/23
検証に利用したソフト メタトレーダー4

この発行者をマイリストに追加

発行者 WTS

この発行者の他のトレードシステム

プロフィール

システムトレード開発のWTS株式会社です。
弊社は名古屋にオフィスを構え、FXのシステムトレードプログラム「EA」を専門に作成し、販売している会社です。
会社としてのFXシステムの開発ノウハウは非常に多く、これまでに1000を超えるEAを製作してきています。
ロジックの研究と開発、そして検証実験に日々尽力しており、「勝てるEAの作成」においては誰にも負けないと自負しております。
嬉しいことに、ご購入者様にはリピートしてくださる方が多く、我々も満足していただける製品を開発していかなければならないと身を引き締めております。
ご購入者の方々にも、満足と感動をお届けしてまいりますので、ぜひご期待ください。

コラム 経済レポート FX自動売買